毛穴 エステ 安い

毛穴エステの安いサロンを1回あたり価格でランキング

このサイトでは毛穴エステの安いサロンを1回あたりの価格でわかりやすくランキングしたり、毛穴エステの有益さについて書いています。

 

価格の説明をするイラスト

 

すこしでも安い毛穴エステサロンをお探しの方や
どのエステの毛穴コースが安いのか知りたい!

 

という方の参考になれば幸いです。

 

1回あたり価格で比べる意味

それは、各サロンによって指定された回数などがバラバラだからです!

 

困った女性のイラスト

 

だから、単純に料金の比較をするのに結構骨が折れるんですよね・・・

 

あるサロンでは2回で4,000円、また別のサロンでは4回で6,000円、また別のサロンは通い放題で50,000円(価格や回数はあくまでイメージです)といったような感じです。

 

ですので毛穴エステをやっているすべてのサロンを1回あたり価格という統一基準で並べることで、どのサロンが本当にコストパフォーマンスがいいのかがわかるんですね。

 

ただ、もちろん値段が安いだけでエステは選べないですよね。
そもそも毛穴エステといっても、その施術内容は千差万別です。

 

微振動を起こすマシンで毛穴汚れや角質をふるい落とす施術もあれば、マリンシルトなど泥のチカラで落としたり、血行改善で肌を活性化させて美しく蘇らせる施術などサロンによっても違います。

 

このサイトではサロンごとに施術内容が異なる部分もわかりやすくランキングで比較していますので、選ぶ際の参考にして頂ければ幸いです。

 

ジェイエステティックの特徴

創業30年以上を誇る老舗、ジェイエステティックはフェイシャルコースがとても充実。この毛穴汚れすっきりケアは洗浄、ひきしめ、補給、保湿の4ステップが大きな特長です。

特に、毎秒2万8千回のミクロの振動を利用した機器で毛穴を洗浄するので、手でのクレンジングではなかなか落とせない奥の汚れもすっきり洗い流せます。
洗浄後はこれも最先端のパッティングマシンで美容成分が浸透しやすい肌を整え、さらに毎秒100万回振動の超音波でお肌を刺激。
毛穴の汚れを奥から取り除きつつ、たっぷりの美容成分を吸収できるので、まるで別人のようにみずみずしい肌を作ることができます。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 毛穴ケアの他にもハリツヤ美顔など4つのコースから選択可能
ジェイエステティックの総評

ジェイエステはフェイシャルエステの他にも脱毛や痩身など、いろいろな施術を提供している総合サロンです。

その歴史は長く、信頼性も十分。特に大手他社に比べて比較的料金が安いので、リーズナブルに通うことができます。
毛穴汚れすっきりケアも2回通えて2000円、1回あたりわずか1,000円と大変良心的。口コミの評価も高くはじめてのエステにも最適なサロンだと思います。

 

エステティックTBCの特徴

エステと言えばTBCというイメージの方も多いのではないでしょうか。そんなTBCの毛穴エステは毛穴の状態に合わせたケアをしてくれるのが特長です。

汚れには徹底したクレンジング、つまりはマシンによる吸引、黒ずみにはマッサージ、開きやゆるみには徹底した保湿を行います。
現在毛穴フェイシャル体験コースは通常価格12,960円が5,000円と大幅割引にはなっていますが、1,000円のジェイエステに比べるとかなり割高なのがネック。
最大手のブランドと安心感、入念なケアを望むなら選択肢にしてもいいエステですね。

価格 5,000円
評価 評価4.5
備考 40倍拡大スキンスコープでの診断、カウンセリング、通常価格12,960円→5,000円
エステティックTBCの総評

TBCは施術はもちろんですが、前後の2回にわたる入念なカウンセリングが大きなメリットです。最初のカウンセリングは肌を40倍に拡大できるスコープを使って状態をチェックし、それに合わせたケアを行ってくれます。

終わってからは肌がどのように変わったのか、今後どの部分を重点的にケアしていくかなどをカウンセリングを通じて明らかにしていきます。
さらに毛穴ケアだけでなく総合的なエイジングケアができるコースも用意。こちらもやや値段が高めなのが気になりますが、そこに納得できるなら施術内容は文句なしなので魅力的ですね。

 

エルセーヌの特徴

体験者はなんと4万5千人を突破!エルセーヌも人気の高いのがこの光フェイシャル浄化・極みコースになります。

ケアの軸になるのが血行改善と食事の改善。どちらも美肌の土台を作るのに最重要ともいえるものです。
施術はイオンパックと呼ばれる微弱電流と温熱効果が特長の機器を用い血行を促進。同時に熟練のエステティシャンによる首や肩のマッサージも行います。
毛穴の汚れは徹底したクレンジングとシートマスク、フラッシュによる肌ケアを中心に、総合的な施術を行います。
そんなエルセーヌの人気コースがわずか1,000円で体験できる人気の高いプランです。

価格 1,000円
評価 評価4.5
備考 光フェイシャル浄化・極みコース、肌力を引き出す毛穴ケア
エルセーヌの総評

光フェイシャルは体験はもちろん、5回、10回とじっくり取り組めるコースも用意。施術を重ねる度にきれいになっていくフェイシャルエステは、通うモチベーションも高く保てます。

毛穴の汚れをケアできるだけでなく、顔全体のたるみや目のシワ、肌のキメなどにも好影響なので、全体の印象がよくなってぐっと若々しい顔に。
大人ニキビに悩む方も改善したという口コミが多く、幅広い年齢層の方に人気のあるコースです。

 

おすすめはやっぱり1位のジェイエステティック!

おすすめする女性

 

1回あたりの価格が最も安くて手軽なのと、状態に合わせてきめ細かくコースが用意されているジェイエステが最もおすすめのサロンです。

 

特に、お試し後の本コースの価格や他より安めなので、回数を重ねるほどそのメリットが活きてくるんですね。

 

ジェイエステはフェイシャルにかなり力をいれていて、この毛穴コース以外にもコラーゲンフォト、美白フォトトリートメント、ハリツヤ美顔などさまざまなプランがあります。

 

全国展開もしているので通いやすいですし、毎月何かしらの格安お試しで手軽に体験できるジェイエステは初めての毛穴ケアを受けるならおすすめのサロンです。

 

毛穴エステと美容皮膚科の毛穴治療はココが違う!

 

毛穴のケアをしようと思っていろいろと調べると、エステもしくは美容皮膚科の選択肢があると思います。

 

二つを比べてみると料金や施術方法、効果などさまざまな面で違いがあることがわかります。なかでも一番の大きな違いは、医師が常駐しているかいないかですね。

 

深刻な毛穴トラブルの場合、エステでどんなに施術を受けても改善が見込めないものも。

 

そんな時は美容皮膚科で医師に相談して根本的なトラブルを解消してもらう必要があります。医師のいないエステでは薬を処方したり外科的な処置をしたりすることができないのです。

 

使用できる機器についてもエステよりも美容皮膚科の方が出力の高いものが使用できるのは医師が常駐しているからです。

 

毛穴の悩みで多いものは、毛穴の黒ずみ、毛穴のつまり、角栓、毛穴の開きなどですがそれを改善するために行う施術はエステと美容皮膚科では違いがあるのです。

 

美容皮膚科は治療を一番の目的としており、エステではケアを一番の目的としています。

 

ひとことでどちらの方がいいということは言えませんが、施術前には必ずしっかりとカウンセリングを行うので質問があったら遠慮せずに聞くことをおすすめします。

 

エステも美容皮膚科もどちらも皮膚についてのプロなのですが、その内容や目的については似ているようで全く違っているのです。

 

エステの毛穴ケアと美容皮膚科の毛穴治療の違い@【施術内容】

美容皮膚科ではエステよりも効果の高い薬、出力の高い機器を使用できるので施術回数がエステよりも少なくて済みます。

 

毛穴を洗浄して引き締める毛穴のクリーニングなどの施術が毛穴ケアに即効性があり魅力的です。

 

毛穴の黒ずみに対しては微弱電流を流してイオン導入をする方法が有効です。肌の表面だけでなくその奥まで有効成分を浸透させることができるので高い効果が期待できます。

 

皮膚科でしか使えない機器

オレンジの皮のような毛穴のボコボコやたるみなどに効果があるフラクセルレーザーや、毛穴の引き締めに効果があるカーボンピーリング、肌に潤いやハリを与えるサーマクールなどのさまざまなレーザー治療も医師のいる美容皮膚科でないと行えません。

 

美容皮膚科ではエステよりも強い薬や機器を使用できるので、効果が高い分施術後にクールダウン期間を設けなければならないこともあります。

 

施術直後は化粧ができないなどの注意事項もある場合があります。ただ、万が一トラブルが起きた時でも医師が対応してくれるので安心感があります。

 

また、美容皮膚科ではクレンジングや洗顔などは行ってくれないのでノーメイクで行くか、自分でクレンジングをする必要があります。

 

エステでは美容皮膚科で使用しているものと同じ機器や薬は使用できませんが、エステ独自で顔専用に開発された機器を使用したり、手を使用してクレンジングやマッサージをしたりトータルでケアを行います。

 

エステオリジナルの化粧品やパックなどを使用しているところも多いですね。

 

エステでもピーリングが行えますが美容皮膚科で使用しているよりも濃度が低い薬剤を使用しています。

 

施術前にクレンジングや洗顔から行ってくれるので化粧をしたまま行っても大丈夫です。

 

施術後も化粧をするスペースを設けていたり、女性専用のサロンにしていたりさまざまな付加価値を行っているエステも多いです。

 

エステの毛穴ケアと美容皮膚科の毛穴治療の違いA【施術料金】

1回の料金はエステよりも美容皮膚科の方が高額になることが多く、通い続けるのには金銭的な負担が大きいかもしれません。

 

でも使用している薬の濃度や機器が医療機関でしか使用できないものなので、料金が高くても施術1回での効果を実感しやすいのが特徴です。

 

エステでは美容皮膚科よりも低額で毛穴ケアを行うことができますが、効果も美容皮膚科と比べると緩やかなものになります。

 

毛穴の症状がひどいものでなければエステでのケアで充分な効果が得られることもあります。ひどくなる前にエステでこまめにケアしていくのが一番得なのかもしれません。

 

美容皮膚科とエステは同じような機器や薬を使用して施術を行っていても、料金に大きな差があるのはその濃度や機器の出力が違うからです。

 

医師による診察や施術であることも費用が高額になることの一つの理由です。美容皮膚科は医師による施術が行われますが、目的が美容のため保険が適用されることは少なくなります。

 

エステ向きの方、美容皮膚科向きの方は?

指を指して案内している女医

 

エステと皮膚科の特長を話してきましたが、では結局どんな方がどちらの施術が向いているのでしょうか?

 

まずはエステからですが、だんだんと肌を改善しベストな状態をキープしたい方は向いている、といえます。

 

毎月定期的に通い続けることができる料金に設定しているエステが多いですね。

 

クレンジングから洗顔、デコルテケアなど毛穴ケア以外にもさまざまなサービスを取り入れているところが多く、単に毛穴ケアだけを目的としているのではなく癒しの時間を同時に味わえるのも大きな特徴だと思います。

 

エステはリラクゼーションとしても人気が高いのです。

 

美容皮膚科のように強い薬を使用しないので、もともと肌が弱い人に向いているかもしれません。美容皮膚科では短期間でどうしても効果を得たい人におすすめです。

 

では次に美容皮膚科ですが、こちらはこの日までにどうしても治したい!という時間の制限がある方や、普段からエステに何度も通う時間がないという忙しい人にぴったりです。

 

あくまで皮膚科は医療機関なので、治療目的で通うもの。

 

1回で大きな効果を得たいなら治療ができる美容皮膚科、のんびりと毛穴のケアを改善したいならエステと上手に使い分ける必要がありそうです。

 

ただ、資金に余裕があるなら両方の併用がベストなのも事実です。

 

毛穴があまりにもひどい状況であれば一度美容皮膚科に行き、肌をもとの状態に戻してからその後エステに通えば、いい状態の肌を長期間保つことができます。

メンズエステでも毛穴の施術が人気?日に日に高まる男の美肌意識

美容を気にするメンズ

 

現代の男性は美容について若いころからしっかりとケアしてきている人が多いものです。

 

なかでもニキビや肌荒れ、毛穴のお手入れについてはさまざまなメンズケア商品が販売されており、それだけ男性であっても毛穴のトラブルに悩んでいる人が多いということがわかります。

 

顔はどんな時もみんなの目にさらされているところであり、その人の印象を決める大事なパーツでもあります。

 

人と接する仕事をしている人は第一印象が重要であると感じたことが一度はあるのではないでしょうか。

 

肌表面がきれいな人には自然と清潔感を感じますよね。

 

逆にニキビでブツブツしていたり、毛穴が黒くなっていたりする人はどんなにオシャレでも不潔に感じてしまうものではないでしょうか。毛穴のトラブルにはたくさんの種類があります。

 

なかでも黒ずみ、角栓、たるみ、ニキビなどが多くあげられますが、セルフケアを熱心に行っていても方法が間違っていれば効果を得ることができません。

 

逆に間違ったセルフケアを続けているせいで、さらに毛穴のトラブルを悪化させてしまっているケースもあります。せっかくケアをするなら正しい方法を知ってきちんと効果を得ましょう。

 

男性がやってしまいがちな洗顔の間違いとは

男性がついついやってしまう洗顔方法といわれて、心当たりがある人はいませんか?

 

男ならゴシゴシ石鹸で洗ってジャブジャブすすいで、タオルでまたゴシゴシと拭くのがかっこいい!なんて思っていませんか。

 

実はそれ、間違いだらけなのです。洗顔は汚れを落とすのが目的ですが、毛穴に詰まった汚れは強くこすれば落ちるというものではありません。

 

洗浄力の強い石鹸を使用するのも間違っています。

 

必要な皮脂まで洗い流してしまうと、体が「皮脂が足りない!」と判断し、過剰分泌してしまうのです。

 

皮脂の過剰分泌が起こるとニキビや毛穴の開きなどのトラブルを起こしてしまいます。

 

最後の仕上げに水気をふき取るタオルをゴシゴシとこすりつけてしまうと、表面に残った水分だけでなく、肌に必要な潤いまでもタオルで吸い取ってしまいます。

 

毎日続けていると肌表面が炎症を起こしたり、乾燥肌になったりして健康な肌に必要なコラーゲンが減少し、しわやたるみの原因となります。

 

たるみが起きると毛穴も下に引っ張られて大きくなってしまいます。生活習慣なのでついついやってしまうことが多いと思いますが、気を付けましょう。

 

男性がやってしまいがちなスキンケアの間違いとは

男なら洗顔後はそのまま放置!自家製の脂が潤わせてくれるさ!なんて思っていませんか。

 

化粧水や乳液は女性だけが使用するものなんてことはないのです。自家製の脂が出ているということは、毛穴もそのぶん開いています。

 

余分な脂は毛穴ケアの大敵です。男性にも洗顔後の保湿は必要不可欠です。洗顔したらしっかりと化粧水や乳液を付けましょう。

 

メンズ用の化粧水はたくさんの種類が販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

付けていれば何でもいいというわけではありません。肌タイプに合ったものを使用しましょう。

 

合わないものを使い続けると肌トラブルのもとになります。日焼け止めで過度な日焼けを防いだり、日傘をさしたりしている男性も多くなっています。

 

平成の男性は女性と同じように日々ケアに励んでいるのです。毛穴ケアで多い間違いは詰まった角栓を見つけると爪でギュッと押して無理やり取り出そうとすることです。

 

他の肌を痛めてしまうので要注意です。はがすタイプのパックも肌への刺激が強すぎるのでおすすめできません。

 

毛穴を守る正しい洗顔やスキンケアのコツは

せっかくスキンケアをするなら正しい方法で行いましょう。日々のケアで毛穴を小さく目立たなく出来たらいいですね。

 

正しい洗顔方法は、まずぬるま湯で顔全体をよくすすぎます。髪の毛の生え際やあごの下の方までよく水分がいきわたるように何度もすすぎましょう。

 

そのあと、よく泡立てたたっぷりの泡で包み込む様に洗いましょう。ゴシゴシ肌をこすってはいけません。

 

泡でパックをするだけで毛穴の汚れは浮き出てきます。顔の皮膚はとても薄いので刺激を与えるようなことは極力さけなければなりません。

 

やさしく撫で洗いでいいのです。

 

その後、またたっぷりのぬるま湯でしっかりと泡を流したら、最後に冷水でパッティングをしながら肌を引き締めましょう。

 

ぬるま湯で毛穴を開いて汚れを落とし、新しい汚れが詰まらないように水で毛穴をキュッと引き締めるのです。

 

タオルに水分を移すだけの気持ちで顔を拭いたら、必ず保湿を行います。ケチケチせずにたっぷりと使用しましょう。

 

保湿剤もゴシゴシと塗らずに下から上へと意識して押し込みましょう。毛穴ケアは洗浄が一番大切です。あまり洗浄力の強いものではなく、泡立ちのいい洗顔料を選ぶのがコツです。

 

メンズTBCの毛穴ケアプランの特長は

メンズTBCのプラン

 

メンズTBCの毛穴ケアコースには、オリジナルトリートメントとデラックストリートメントの二つの種類があります。

 

オリジナルトリートメントコースでは、スチームで肌を温めながら毛穴の奥深くまでディープクレンジングしたあとにミネラルパックやイオンでケアを行います。

 

毛穴ケアやニキビケアにはクレンジングが最も重要という考え方から、汚れをしっかりと落としてから潤いを与えます。

 

デラックストリートメントコースはミネラルパック、吸引、イオンの3つのディープクレンジングで肌表面や毛穴の汚れを徹底的に落としたあとに、ハンドケアでマッサージをしてパックを行います。

 

顔のケアにプラスして首やデコルテのケアも行ってくれるので血流もよくなりふっくら肌を導きます。

 

メンズTBCでは初めての方限定で体験キャンペーンも行っています。

 

コースを体験したあと、すぐに肌触りが違うことに気が付くくらいスッキリもちもちします。

 

ブツブツとした滑らかでないオレンジの皮のような肌や、開いてしまった毛穴、慢性化したニキビもしっかりと洗浄を行って毛穴を目立たなくしてくれます。

 

シーズ・ラボのメンズ毛穴ケアプランの特長は

シーズ・ラボのメンズ毛穴ケアプラン

 

シーズ・ラボは大人気のドクターシーラボのメディカルメンズエステです。毛穴の開きや頑固な黒ずみを3ステップでスッキリと解消して清潔感のあるきれいな肌へ導きます。

 

通常18360円のメンズ毛穴レスコースが初回5400円で体験できちゃいます。

 

医師が開発した毛穴引き締めの3ステップは毛穴を吸引し汚れを取り、角質をピーリングで柔らかくし、イオンを導入して毛穴をキュッと引き締めます。

 

ピーリング剤と角質研磨マシンの二つを駆使した特殊技法の角質除去で古い角質を一掃し毛穴のデコボコを滑らかにしてくれます。

 

セルフケアでは絶対に行えないプロならではの効果を実感してみてください。

毛穴の黒ずみをセルフスキンケアで解消!気をつけたいポイントは

女性の顔のアップ

 

毛穴はエステでスペシャルケア的な施術ができますが、自分でもいろいろと気をつけることで改善する方法はあります。

 

ただし、汚れているからといってやみくもに洗ったり化粧品をつけてはいけません。正しいケア方法を知り、コツコツと実践することが何よりも大切です。

 

毛穴のスキンケアで気をつけたいポイント@「正しい保湿を行う」

毛穴ケアには適切な保湿が必要です。

 

自分で皮脂を出さなくてもいいくらいクリームなどで常に保湿された状態でいると、過剰な保湿により肌の乾燥を招きかねません。

 

でもそれを怖がって保湿を行わないと、常に肌が乾燥してしまって毛穴は広がるばかりです。

 

正しい保湿は化粧水をたっぷりと使用することが大切です。化粧水の1回の適切な量は500円玉程度と言われています。

 

500円玉は思っているよりも大きく、化粧水のようなサラサラとしたものでは1回で手のひらに取るのは難しいかもしれません。

 

そういった場合は2回に分けて塗りましょう。コットンで化粧水を塗る場合は500円玉よりも多くの化粧水が必要なこともあります。

 

しっかりと肌の奥の真皮層にまでしみこむくらいたっぷりと使ってください。化粧水が多すぎるから毛穴のトラブルが起こるということはありません。

 

ただ、肌に合っていないものを使用するとトラブルの元になりかねませんので、値段よりも肌に合っているかどうかということを重視して化粧水を選びましょう。

 

化粧水の後には必要であれば美容液を塗り、そのあとに乳液やクリームを塗ります。

 

たっぷりと肌に潤いを与えておけばクリームや乳液は全体的に薄く塗れば大丈夫です。乾燥しがちなところには少し多めに塗りましょう。

 

朝晩洗顔の後にしっかりと化粧水で肌に水分をたっぷりと与えてあげれば、余計なものが入り込むすきがないので毛穴トラブルも自然と防ぐことができます。

 

毛穴のスキンケアで気をつけたいポイントA「ターンオーバーを整える」

肌のターンオーバーはだいたい28日周期で行われています。

 

古くなった角質が自然と剥がれ、新しい肌が出てくるのでターンオーバーがきちんと行われていれば毛穴トラブルは起こりません。

 

シミやニキビ跡や毛穴のトラブルがあるところは肌のターンオーバーがうまくいっていないということなのです。

 

きちんとしたターンオーバーを妨げているのは、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足です。

 

女性は生理の周期によりホルモンバランスが変化するので日頃からホルモンバランスを整える生活を心がけることが大切です。

 

バランスの良い食事、精神の安定、良質な睡眠に気を配れば女性ホルモンは自然と整っていきます。

 

肌が生まれ変わる時間は午後10時から午前2時の間といわれています。この時間にはベッドに入って休息をとるようにしましょう。

 

毎日忙しくている女性にとってストレスはどうしても避けては通れないものですが、スポーツをしたり、映画を観たり、買い物をしたりといった自分の趣味に時間をとってストレスを発散し、溜めすぎない日常を心がけてください。

 

その様な生活を続けていれば肌のターンオーバーが整い、毎月新しい肌に生まれ変わるようになります。

 

短期間で整えるのは難しいかもしれませんが、長い目でみていつでもベストな肌の状態でいられるようにしたいですね。

 

毛穴のスキンケアで気をつけたいポイントB「肌を清潔に保つ」

一日を過ごした肌には、様々な汚れがついています。

 

夜はしっかりとクレンジングと洗顔を行わなければ汚れはさらにたまり、毛穴のトラブルが起きてしまいます。

 

メイクをしていなくても、ホコリや皮脂をしっかりと落とさないと毛穴が黒ずんだり角栓ができてしまったりするので夜の洗顔は念入りに行いましょう。

 

洗顔後に保湿を行えば、朝は余分な皮脂を落とすだけで大丈夫です。

 

肌を清潔に保つためには洗顔だけでは不十分なこともあります。女性は朝化粧をすると夜までそのままということが多いと思いますが、その時の顔にはどれだけの汚れがついていると思いますか?

 

男性のようにいつでも気になったときにジャブジャブと洗ったり、おしぼりで拭きとったりできればどんなに気持ちがいいのでしょう。

 

でもそういったことはできないので、普段からいろいろなことに気を付けなければなりません。

 

具体的には、吊革やお金など不特定多数の人が触ったものには菌がいるケースが多いので、それを触った後に顔に触れる前には気を付けなければいけません。

 

適度に湿った潤いのある肌は菌にとって居心地がいいところです。除菌できるウエットティッシュなどが便利です。ファンデーションのスポンジもこまめに洗って清潔を保ちたいですね。

 

毛穴のスキンケアで気をつけたいポイントC「皮脂や角栓が溜まりやすい食事を避ける」

皮脂や角栓が溜まりやすい食事は油が使われている食べ物です。

 

とくに揚げ物などは油で揚げているのでとてもたくさんの油分を含んでいます。あげせんべいやポテトチップスのようなお菓子も同様です。

 

さらに糖分をたくさん含んでいるものも皮脂や角栓がたまりやすくなります。

 

チョコレートを食べるとニキビができるといっている人があなたの周りにいませんか?都市伝説ではなく、糖分や油分を多く含んでいるチョコレートは毛穴のトラブルの元なのです。

 

少量なら健康にもいいので食べすぎには気を付けましょう。皮脂や角栓が溜まりやすいという人におすすめなのがヘルシーな野菜や魚といった和食です。

 

ご飯や麺も炭水化物なので糖を含んでいます。食事を始めるときはまず野菜をたっぷり食べてからにするとその後のメインの量を自然と減らすことができるのでおすすめです。

 

普段から脂で顔がテカっているほど皮脂が多いという人はビタミンを意識的に摂取すると皮脂を抑えることができます。

 

ビタミンと聞くとどうしてもフルーツを食べようと思いがちですが、フルーツには糖質が含まれるのでブロッコリーや小松菜などの野菜から取るようにしましょう。

 

また、豆腐や納豆などもビタミンが多く含まれているのでご飯代わりにするのもいいですね。

 

餃子を食べるときにも揚げたり焼いたりするよりも、水餃子にするなどちょっとした心がけで油分を減らすことができるので無理なく楽しく行ってください。

 

ここに上げた4つのポイント以外にも、毛穴を自分でケアする時に大切なことはあります。以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

 

【関連記事】毛穴の黒ずみはこう解消する!セルフケアの6つのポイント